100均一の防犯ブザーは効果があるのか

100均一の防犯ブザーは効果があるのか

防犯ブザーは全国の小学校の82%で生徒に配っているそうです。しかし子供のためだから自分で購入したいとか、学校で配られてないので購入したいという方もいるかと思います。

ダイソーなどの100円均一ショップでも防犯ブザーは売られているのを見たことがあるかもしれません。そこで思ったのが100円なのに効果があるのか、ということです。

防犯ブザーの規格とテスト

防犯ブザーには「一般社団法人電池工業会」によって規格が定められています。その規格とは

  • 音量は85db以上
  • 落下強度は1mの高さからコンクリートに6回落としても壊れない

となっています。そこで2013年に「国民生活センター」によって既に販売されている10銘柄の防犯ブザーをテストしたのです。

その結果音量については10銘柄中2つの銘柄の音量が85db以下、落下テストでは10銘柄中9つの銘柄が何らかの故障が、2つの銘柄が音が鳴らなくなりました。

詳しくは国民生活センターのサイトをご覧ください。

100円均一の防犯ブザー

上のテストでは残念ながら100円均一で販売されている防犯ブザーは入っていませんでした。テストされたのは600~1000円で販売されているもので、かなり有名なメーカーの物も混じっています。

100円均一の商品は良いものもあれば悪いものもあります。特に複数の部品が組み合わさっているようなものは精度が悪くて壊れやすい傾向にありますよね。

防犯ブザーは子供の安全のために購入するものですから、多少高くてもちゃんとしたものを購入したいですね。

下に紹介する防犯ブザーは国民生活センターのテストで唯一の欠点が見つからなかった防犯ブザーです。

関連記事
⇒ 正しい防犯ブザーの選び方

コメント

  1. […] 参考にしたサイト 国民生活センター 自分の身は自分で守れ!ザ・防犯 […]