ダミーの防犯カメラの見分け方を知って本物に近いカメラを購入しよう

ダミー防犯カメラの見分け方

家の泥棒対策として販売されているダミーの防犯カメラというものがあります。

ダミーと言っても本物と見分けがつかないほど精巧にできていればいいのですが、泥棒はその道のプロですので結構簡単に見破られてしまうことも多いようです。

泥棒にとってはこれがチャンスとなり家に侵入されてしまう可能性も高くなってしまいます。

ダミーの防犯カメラの見分け方を知ることで、泥棒にも見分けがつかないダミーカメラを購入できるのではないか、ということでここで紹介しようと思います。

なんだか安っぽい

素人が見てもすぐに偽物だろ!とわかってしまうほど安っぽいダミー防犯カメラを見た事があります。

「見分ける」というより「見れば分かる」くらいの質感の無さ、金属部が少ないなどの特徴があります。

コードがない

本物の防犯カメラには電源や録画機器に繋ぐための配線コードがあります。最近では電波を使って録画機器やルーターに接続するタイプもありますが、電源コードは必ず必要です。

LEDが点滅している

防犯カメラのLEDランプは赤外線を発しているランプです。本物の防犯カメラについているLEDの光は肉眼では見えません。中にはうっすらと赤く見えるものもありますが点滅しているLED付きの防犯カメラはありません。

防犯カメラの高さ

高価な防犯カメラを手の届く位置に設置する人はいません。泥棒に対して盗んでくださいと言っているようなものです。逆に高すぎる位置に設置してあるのもメンテナンスができないのでダミー防犯カメラだとばれてしまいます。

室内用の防犯カメラ

防犯カメラには室内用と屋外用があります。泥棒は防犯カメラに詳しい人が多いので室内用の防犯カメラを屋外に設置してあればダミーだと見分けられてしまいます。

まとめ

ダミーの防犯カメラの見分け方を紹介しました。ダミーだから安いものでいいと考えずにできるだけ本物に近いダミーカメラを購入しましょう。

下に紹介するダミー防犯カメラは本物の媒体を使用していますので泥棒でも見分けがつきません。後で中身を入れ替えることによって本物にすることもできます。