ダミー防犯カメラって泥棒対策に効果あるの?

ダミー防犯カメラって泥棒対策に効果あるの?

防犯カメラは空き巣に侵入されてしまった時に犯人逮捕の証拠になるだけでなく、空き巣の侵入を防ぐ役割も果たします。そんなことから空き巣対策として防犯カメラを設置する家が増えてきました。

そんな中で本物の防犯カメラを設置するほどお金に余裕がないとか、空き巣に入られないようにダミーでいいので設置したいという人も多いようです。

ただ「そもそもダミー防犯カメラって効果あるの?」と疑問に思う人もいるかと思いますので、ダミーカメラの効果について紹介しようと思います。

泥棒の心理

泥棒にとっても侵入しやすい家と侵入しにくい家があります。当然泥棒は侵入しやすい家を選んで家に忍び込むんですね。では泥棒にとって侵入しにくい家というのはどのような家なのでしょうか。

  • 一日中家の中が動いている
  • 侵入難度が高い
  • 逃走経路がない

泥棒はこのような家を選びません。家の中に人がいても侵入する泥棒もいますが、誰もいない家に入る泥棒が最も多いのです。

ダミー防犯カメラに高価はあるのか

家に誰もいないとわかった泥棒はその家に侵入しようとするわけですが、もしそこにダミーの防犯カメラが設置してあったらどうでしょう。

泥棒はできるだけ住人や警察に知られないように侵入しようと考えています。防犯カメラが設置してあれば侵入される可能性が低くなるのですが、泥棒もその道のプロです。本物の防犯カメラとダミーの見分けは簡単にしてしまいます。

もし泥棒にダミー防犯カメラだと気付かれた場合、「この家の住人はセキュリティー意識が低い」と見られてしまいます。ダミーカメラは物によっては効果がないばかりでなく泥棒にとってのチャンスになってしまうのです。

ですので何でもいいからダミーカメラを設置するということはお勧めできません。設置をするのなら効果の高い本物にそっくりなダミー防犯カメラを設置しなくてはなりません。

関連記事
⇒ ダミーの防犯カメラの見分け方を知って本物に近いカメラを購入しよう

まとめ

ダミー防犯カメラには効果のある物と無い物があります。安いからという理由で選ばずに効果的なカメラを購入しましょう。あくまでも目安ですが5000円以下のダミーカメラは泥棒が偽物だと見破ってしまうものが多いようです。