ダミー防犯カメラを効果的に設置する方法

ダミー防犯カメラを効果的に設置する方法

防犯カメラを設置したいけど経済的に安く済ませたいという人のためにあるのがダミー防犯カメラです。そんなダミー防犯カメラも設置場所や設置の仕方によって効果が無くなってしまうばかりではなく、逆に危険になってしまう事もあります。

今回はダミー防犯カメラの効果的な設置場所や方法を紹介します。

ダミー防犯カメラの効果

ダミー防犯カメラは本物のように映像や写真を撮影することはできませんが、外見が本物と同じように作られているカメラのことを言います。

泥棒は家に侵入する際、鍵が多くて時間がかかったり、カメラによって自分を撮影されるのを嫌います。本物とそっくりなダミー防犯カメラがある家には泥棒にとっても怖くて侵入しにくいんですね。

しかし防犯カメラがダミーだと見破られてしまったらどうでしょうか。そのような家は泥棒から見れば「防犯意識が薄い家」と思われてしまいます。

防犯カメラの効果的な設置場所

ダミー防犯カメラを設置する場所は本物のカメラと同じ場所になります。ダミーだからといって特別なことはないですからね。ただ気を付けなければならないのは屋内用のカメラを屋外に設置しないことです。

また玄関などにセンサーでライトが付く場所にLEDが点灯するダミーカメラを設置しても不自然です。LEDが点灯するということは暗視カメラですから明るい場所には合っていません。

泥棒もプロ(?)ですから屋内用のカメラが屋外に設置されていたら「この家はカメラのこと全然わかってないな、これはダミーだな、よし侵入しよう」となる可能性大ですね。

効果的な設置方法

ダミーカメラを効果的に設置するには、やはり本物と同じように設置することです。ダミーだからといって手を抜いてはいけません。

本物には電源のコードなどの配線が必ずあります。配線が家の中にちゃんと引きこまれているようにしましょう。

ダミーカメラの選び方

ダミーカメラを選ぶ時に気を付けるのは「本物と見分けがつかないカメラ」を選ぶことです。防犯カメラっぽければなんでもいいでしょ、と考えて安いダミーカメラを選んでも意味がありません。

以前の記事でダミーカメラの見分け方を紹介しているので参考にしてみてください。

参考記事
⇒ ダミーカメラの見分け方

ちなみにこちらのカメラはハウジング型のカメラで外見は本物と同じパーツを使っているダミーカメラです。


屋外用ダミーカメラ 【RD-3947】 ダミー防犯カメラ/ダミー監視カメラ/ダミー カメラ