ホームセキュリティの必要性!あなたの家は大丈夫?

ホームセキュリティの必要性

夫婦ともに共働きなどで家を空ける時間が多い人は空き巣の心配がありますね。最近ではホームセキュリティを導入する家庭も増えてきています。でも自分の家には必要性を感じないという人もいるでしょう。

今回はそもそもホームセキュリティって何をしてくれるのかを紹介します。これを読んで自分の家にも必要なのかどうかを考えていただけたらと思います。

ホームセキュリティって?

ホームセキュリティは大きく分けて2つあります。一つはこのブログでも紹介しているように自分で防犯カメラやセンサーを取り付けて自分で管理する方法。もう一つはセキュリティ会社と契約して管理してもらう方法です。ここではセキュリティ会社と契約する場合のホームセキュリティについて解説します。

ホームセキュリティ会社と契約すると防犯カメラやセンサーなどを防犯効果の高い場所に設置してくれます。自分で設置する場合は配線などの設置が面倒ですし、防犯効果の高い場所もよくわかりませんからね。そして防犯カメラなどが設置されると365日24時間家を監視してくれます。

意外に知られてないのが空き巣などの防犯だけでなく火災やガス漏れに対しても監視してくれるというところです。

ホームセキュリティの仕組み

家のセンサーが異常を感知するとホームセキュリティ会社に異常があるとこが知らされます。と同時に契約した際の緊急連絡先にも通知されます。そしてガードマンが出動し家の様子を見に行きます。緊急事態であれば警察や消防に連絡をされます。

これが基本的なホームセキュリティのサービスですが、セキュリティ会社によってプラスされるサービスが異なります。

例えば高齢の両親がいる家庭などではペンダントタイプの緊急ボタンを身に着けておいて、両親がボタンを押すことでガードマンが駆け付けたり、小学生の子供が1人で留守番をしている時に対応をしてくれたりするサービスもあります。

ホームセキュリティは必要か

まず空き巣はいつ入られるかわからないことです。この先空き巣に入られたことを考えるとホームセキュリティはあった方がいいですよね。

それに「玄関の鍵をかけ忘れたんじゃないか」と不安になったことはありませんか?私はよくあるのですが、家に引き返して確認してみるとちゃんと鍵がかかっていた、なんてこともありますね。逆に鍵がかかってなく、引き返して良かった、ということもあります。

ホームセキュリティに入っていれば、もし鍵をかけ忘れていて、空き巣に入られたとしてもすぐに対応してもらえます。

言い方を変えればホームセキュリティ会社から連絡が来なければ何も異常はないということになります。安心をお金で買うと考えればホームセキュリティは必要ではないかと考えます。

警備員が泥棒と鉢合わせした時

一つ気になったのはガードマンが出動した時に空き巣に出会ってしまったらそのガードマンはどうするのでしょうか。ガードマンは警察ではないですから逮捕することなんてできませんよね。それとも現行犯ですから逮捕できるのでしょうか。

空き巣から見れば突然人が現れるわけですから、すぐに逃げるかと思います。逃げられてしまったら逮捕もできないですよね。

これについては現役ガードマンに話しを聞くことができました。

もしガードマンが現場に行って犯人と鉢合わせしてしまった場合は戦わないそうです。会社の指導でもそのような場合は逃げることを教えられます。必要によっては犯人を追跡しながら警察へ連絡することもあるんだそうです。

警察へは性別、年齢、体格。服装などを報告します。証人ですからね。

まとめ

ホームセキュリティとは何なのかが分かったかと思います。必要性については、空き巣が多い地域や治安の悪い地域では必要だと思います。それ以外の地域では安心を買うという意味で必要だと考える人と必要ではないと考える人に分かれるのではないでしょうか。

日本で最も契約数の多いホームセキュリティがセコムです。セコムは通常のサービス以外でもいろいろなサービスがありますので資料を請求してみてはいかがでしょうか。

セコムの資料はこちらから請求できます。もちろん無料です。

⇒ 多彩なサービスで24時間365日見守るセコム・ホームセキュリティ