家族をカルト教団から守る方法と相談窓口

カルト集団

「昔は明るい家庭だったのに・・・」

家族がカルト集団に入ってしまい家庭が崩壊してしまうという話をよく聞きます。宗教を信じて入会することは個人の自由ですが、それがカルト集団だったりすると家族も心配になりますよね。過去に凶悪事件などを起こしているカルト集団もありますからね。

今回は家族や自身をカルト集団から守る方法と相談できる窓口を紹介します。

カルト集団とは

本来カルトという言葉は「崇拝」という意味の言葉ですが日本ではカルト宗教のことを指す場合が多いですね。この記事でもカルト宗教について説明しています。

カルト集団とは以下のような宗教のことを言います。

  1. 強引に勧誘する
  2. 教祖や組織の絶対視
  3. 他宗教に対する攻撃、もしくは極めて排他的な行動
  4. 霊感商法による物品購入の強要
  5. 寄付の強要
  6. 組織活動の強要
  7. 反社会的行動

日本人にとっては忘れることのできない事件「地下鉄サリン事件」はカルト集団のオウム真理教が起こした事件ですね。オウム真理教は日本で最も有名なカルト集団でしょう。オウム真理教はこの他にも「松本サリン事件」「坂本弁護士一家殺害事件」などの凶悪な事件を引き起こしています。

もし自分の家族がこんなカルト集団に入会してしまったらと考えると夜も眠れなくなってしまいますね。

カルト集団から身を守る方法

日本人は世界でもまれな無宗教の人が多い国です。そして宗教のことをあまりよく知らないのも事実です。日本の法律ではどんな宗教を信じようと犯罪にはなりません。信仰の自由というやつですね。そんな無宗教の人が多いので「宗教」という言葉を聞くだけで怪しいと考えてしまいます。

新興宗教という言葉もよく聞きますが新興宗教だからといってカルト集団ばかりではありません。カルト集団は上で説明したような行動をする宗教団体のみのことをいいます。

ではカルト集団に自分や家族が入会しないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。それを知るにはどのようにしてカルト集団に入会してしまうのかを知ることが重要です。

カルト集団の入会への流れ

カルト集団に限らず宗教団体へ入会するまでの流れは病院へ行くのとよく似ています。

  1. 悩みがある
  2. 悩みを解決する方法を探す
  3. 解決できる場所を見つける
  4. そこへ行く

まず悩みというのはお金の問題や社会への不満、家族に対しての不安などですね。病院の例えでいえば病気に当たります。

次にその悩みを解決してくれる場所をネットや雑誌などで探します。自分で探さなくても友人の紹介なども考えられます。

そして悩みを解決してくれる場所を見つけます。これが宗教団体のことですね。病気を治してくれる病院を見つけたようなものです。

そしてその場所へ実際に行ってしまいます。

その結果宗教に入会(病院でいえば診察)してしまうのです。

カルト集団の場合は勧誘活動を活発に行います。電話をかけたり直接家に行くこともあります。「家にいるときにチャイムが鳴って出てみたら宗教の勧誘だった」というのは多くの人が経験している事でしょう。

上で日本人は宗教が怪しいと思っている人が多いと書きましたが、私も正直言って怪しいと思っています。だって神様って言われても見たことがないし現実的じゃないですもんね。(宗教家の方ごめんなさい)

でもみんなが怪しいと思っているのになぜカルト集団に入会してしまう人がいるのでしょうか。それは誰でも必ず悩みを持っているからです。そんな悩みに付け込んでカルト集団は勧誘をしてくるのです。

家族を入会させない方法

カルト集団へ入会してしまう人は心に不安を抱えている人が多いです。ですので不安にならないように家族円満が望ましいですね。それには家族が言うことに耳を傾けることが大切です。

家族間での会話がほとんどないという人のところにカルト集団の勧誘が来た場合、入会してしまう可能性も高くなるでしょう。

すでに入会してしまっていたら

この記事を読んでいる人の中にはすでに家族や友人がカルト集団に入会してしまっている人もいるかと思います。そんな人のために退会させる方法を紹介します。

人間関係の改善

まずはカルト集団に入会してしまった人との関係を修復しましょう。過去にカルト集団のことを批判したりして相手が起こっているのならちゃんと謝って話し合うことができるような状態にしなければなりません。

もし関係が悪化すればその人はますますカルト集団にはまっていってしまいます。一方的に叱ったりしても関係が悪化するだけです。

敵を知る

そして自分自身もそのカルト集団についてよく調べて学習します。「彼を知り、己を知れば百戦危うからず」ということわざにもあるようにカルト集団の情報をしっかりと集め、自分のこともよく知っていれば戦いで負けることはありません。

忍耐

カルト集団に入会してしまった人にこちらの主張を繰り返しても相手は反発するのみです。自分の言いたいことを押さえて相手の話を聞く忍耐が必要です。

救出する

ここからが本番です。カルト集団のことを調べるとその組織の嘘や本人への影響などがわかってきます。その事を本人に気付いてもらわなければなりません。

ここであなたがいくら答えを押し付けても無駄です。本人自ら気付いてもらうようにしなければなりません。

カルト集団によってマインドコントロールされていると破壊的活動(殺人など)ですら必要な事だと信じています。そのマインドコントロールを解くにはカルト集団の教えに疑問を持つような質問をしましょう。

カルト集団の相談窓口

カルト集団問題について相談できる窓口を紹介します。

NPO法人全日本青少年育成協会

http://www.seisyo-ikusei.com/

全国霊感商法対策弁護士連絡会

http://www.stopreikan.com/

まとめ

カルト集団から身を守る方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。やっぱり家族って大切なものなんだと再認識したのではないでしょうか。

マインドコントロールにかかってしまう人やその解き方などを詳しく解説された本がありますので是非読んでいただければと思います。

この記事を気に入った方はシェアしていただくと管理人が喜びます

フォローする