盗聴されてる!?と感じたらするべきこと

盗聴

たまに盗聴器を探すテレビ番組などが放送されたりしていますが他人事だと思っていませんか?実は盗聴器は意外なほど普及しているんです。賃貸マンションなどでは前に住んでいた住人に対して盗聴器を仕掛けられている事もあります。

探偵事務所がマンションを検査するとかなりの確率で盗聴器が発見されるといいます。また知人男性から盗聴してなければわからないようなことを言われたりして怖くなったことはありませんか?

盗聴されていることに確証はないけど不安で仕方がないというあなた。そんな時にどうすればいいのか紹介しようと思います。

出回っている盗聴器の数

探偵などの専門の人が1年間に発見する盗聴器の数は数千台に及びます。そして発見されてない盗聴器も合わせると数十万台もあると言われています。統計局の調査によると日本の世帯数は5340万世帯なのでどれだけ多いのかがわかりますね。

実は知らないうちに盗聴器を仕掛けられていてあなたが知らないだけなのかもしれません。

盗聴器がある可能性のある家

盗聴器が仕掛けられている家には以下のような特徴があります。

  • 無言電話などのいたずら電話が多い
  • 家の近くに不審な車がよく停まっている
  • 電話をしているとノイズが入る
  • 使ってもいないのに通話中でつながらないと言われる
  • 電話料金が高くなった

一般的に普及している盗聴器は電波を飛ばしその電波を受信しなければなりません。そのためには家の近くまで来なければ盗聴できないのです。そのためにまず家に電話をして在宅なのかを確認します。その後車で近くまで行き盗聴を始めます。電波を飛ばしているので電話機などにノイズが入ることがあります。

盗聴器の種類

盗聴器の種類には誰でも簡単に取り付けられるものから素人では設置不可能なものまで様々です。ここに紹介する盗聴器が家にないか調べてみましょう。

電源タップ型盗聴器

最も普及している盗聴器になります。直接コンセントから電源を取れて見た目も普通の電源タップですので気付きません。設置方法もコンセントに挿すだけですので知人や彼氏などでも簡単に取り付けられてしまいます。逆に取り外しも簡単ですので発見した場合は警察への証拠として保存しておきましょう。

コンセント型

コンセントの中に盗聴器が接続されています。コンセントの中の電源にクリップでとめられています。コンセントを開けない限り目で見ることができませんので一人暮らしの女性などでは発見するのが難しいでしょう。またコンセントの中だけでなく電源があるところならどこにでも設置できます。

電話回線型盗聴器

電話回線に直接盗聴器が仕掛けられています。設置が難しい為プロが利用する盗聴器です。電波を飛ばすわけではないので発見も難しいとされています。

携帯電話型盗聴器

簡単にいえば携帯電話の機能を持った盗聴器を盗聴する家に置いておくだけです。盗聴するときにはその携帯に電話をかけるだけというわけです。盗聴しているとき以外は電波を発信していませんので発見しにくくなっています。

録音型盗聴器

盗聴する家に仕掛けておき、ただ録音するだけです。内容を確認するにはあとで回収しなければなりません。といってもボールペンなどの小さなものに内蔵されているので発見が難しいでしょう。

アプリ型盗聴器

スマホが普及し最近増えてきているのがアプリ型盗聴器です。盗聴器と言っても機械があるのではなく盗聴機能の付いたアプリをダウンロードするだけで盗聴されてしまいます。スマホには元々マイクが付いているので簡単に音を拾うことができてしまいます。

盗聴器があると感じたらすること

家に仕掛けられた盗聴器を探すには自分で探すか専門家に依頼するかの2択になります。自分で探すには専門知識が必要になり完全とはいえません。スマホ用に「盗聴器発見アプリ」というアプリがたくさんありますがスマホのアプリで盗聴器を発見することはできません。

というのは盗聴器で発信される電波はアナログの電波ですがスマホで使われているのはデジタルの電波なのです。電波の種類が違うのですからスマホで盗聴器を発見などできるわけないのです。

ですので自分で探そうとせずに専門家に依頼するのが確実で費用も安く済ませることができるでしょう。下に盗聴器を発見する専門業者を紹介しておきます。費用の面も含めてまずは問合せだけでもいいので連絡してみることをおすすめします。

アイヴィ・サービス

全国対応していて相談・見積もりは無料。料金は間取りによって異なりますが52500円~となっています。必要があれば提携している弁護士も紹介してもらえます。

HAL探偵社

全国対応で料金は25000円~の後払い。どのように対策すればいいかなどの対策も無料で相談できます。

東京探偵社ALG

弁護士が運営している探偵事務所。対応エリアが関東のみというところが難点。料金は30000円~。

原一探偵事務所

全国対応で365日24時間無料で相談できます。料金は80000円~。

上に紹介した探偵事務所のサイトを見ると浮気調査に関することが書かれていることが多いのですがどこの探偵事務所でも盗聴器発見業務も行っています。

やってはいけない事

盗聴器が仕掛けられているのではないかと感じた時にするべきことを紹介しましたが、逆にやってはいけないこともあります。それは身近な人に相談することです。盗聴器を仕掛ける犯人は友人・彼氏(彼女)・家族・親戚などの身近な人の場合が多いのです。その人に相談しても盗聴器を発見されないようにアドバイスされるだけでしょう。

また同居している家族に相談する場合も家の中で相談してはいけません。盗聴器があることに気付いたと犯人に教えているようなものです。

まとめ

盗聴器に関する防犯について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。上でも書きましたが盗聴されているのでは?と感じたら、早めに専門家などに依頼するなどして対処をした方がいいでしょう。

この記事を気に入った方はシェアしていただくと管理人が喜びます

フォローする