ストーカーになりやすい男の特徴と被害にあった時の対処法

ストーカーの特徴

女性のストーカー被害が年々増えています。彼氏と別れたいけどストーカーになったらどうしよう、と考えている女性もいるかと思います。本人はその気がなくても第三者から見れば明らかなストーカーということも多いようです。そんなストーカーになりやすい男の特徴やもし被害にあった時はどうすればいいのか対処法を紹介します。

ストーカーになりやすい男の特徴

ストーカーの被害にあうのは圧倒的に女性の方が多いんです。男性がストーカーになってしまうんですね。しかも元カレや元旦那が多いとの事。

現在お付き合いしている男性と別れたいと考えている場合、その男性がストーカーになってしまう可能性はあるのでしょうか。ストーカーの特徴を見てみましょう。

モテない男性

普段から女性にモテることがなく恋愛経験も少ない男性はストーカーになりやすいと言われています。「全然モテなかったけどやっとできた彼女、ここで別れてしまったらもう二度と女性と交際できないかもしれない」と考えてしまいます。

別れた後もしつこく電話をしてきたり、家の前で待っていたりするのも特徴ですね。

友達が少ない男性

友達がほとんどいないような男性。友人と遊びに行くこともなく「彼女が自分の全てだ」と考えていたために、別れた後も何とか取り戻そうと必死になります。

これら2つにあてはまる男性の特徴は執着心が強いということです。付き合っている時にメールの返事を送らないでいると何度も返事を送るまでしつこくメールしてきたりするような男性はストーカーになりやすいといえます。

謝らない男性

デートの時間に遅れてきたのに謝りもせず「帰り際に上司に声をかけられて余計な仕事を押し付けられた」とか、貸した物を返してもらう約束だったのに「昨日母親に見せたら母親も見たいって言うから貸しちゃった」などと結果的に彼女との約束を破ったのに全て人のせいにしてしまう男性っていますよね。

このような男性に限って普段は毎回自分が遅刻をして来るくせに、彼女が1度でも遅刻をすれば不機嫌になったりネチネチといつまでもその遅刻について言ってきたりするものです。

そのような特徴のある男性はストーカーになりやすいです。どんな時にも「自分は悪くない」と考えているので別れ話をした後も「悪いのは彼女の方だ」と考えてこれまでの愛情が憎しみにに変わってしまうこともあります。

自己中な男性

上で書いた謝らない男性にも特徴が共通する部分がありますね。彼女の都合も聞かずに「今からそっちにに遊びに行くから待ってて」とか、彼女の話を聞かずに自分のことばかりを話しているとか、「昔は悪かった」とどうでもいいことを自慢話にしているような自己中な男性はストーカーになりやすいと言われています。

このような男性は自分のことしか考えられないので相手がどう思っているのかということに全く関心がありません。

ストーカーの対処方法

ストーカーになりやすい男の特徴を紹介しましたので、ストーカーになる前、つまり別れる前の対処法を紹介します。簡単に言ってしまえば別れ方ですね。ですのでここではストーカーになりやすい男との別れ方を紹介します。

すでにストーカーの被害にあっている人は以前に記事にしていますのでそちらをご覧ください。

関連記事
⇒ 間違えると逆効果 ストーカーの対処法

では別れ方を紹介します。相手をストーカーにさせないためには心の準備をさせておくことが重要です。愛し合っていたと思っていたのに突然別れを切り出されてしまったら「なんで?どうして?こんなに好きなのに!」と大きなショックを与えてしまいます。そのショックがストーカー行為に走らせるのです。

別れを切り出す少し前から連絡を取る回数を減らしていったり、会う回数を減らしていったりすることで「もしかしてもうダメなのかな?」と彼は別れを予感することになります。その結果、別れても「やっぱりこうなると思っていた」とショックも少なくなるのです。