センサーライトの防犯効果と効果的な設置方法

センサーライトで防犯対策

人が近づくとライトが付いて泥棒などを威嚇するセンサーライト。防犯のために設置している家も多いかと思います。今回はそんなセンサーライトについて泥棒に対して効果はあるのか?そして効果的に設置する方法について紹介します。

センサーライトとは

センサーライトは人や物が動いた時にセンサーが反応してライトが付く仕組みになっています。玄関に人が近づくとライトが点灯するので泥棒などの防犯対策や夜に帰宅したときに鍵穴の位置がわかりやすいという理由で設置している家が多くなっています。

センサーライトは主にセンサーの部分とライトの部分があり、製品によっては電源がソーラー式や電池式、電源を必要とするものまで様々です。

センサーライトの防犯効果

泥棒にとって最も嫌なことは人に気付かれることです。そして気付かれないために泥棒は少しでも早く家の中に侵入しようとします。もし泥棒が家の窓を壊そうとしている時に目の前がパッと明るくなったらどうでしょうか。泥棒もきっと驚いて侵入を諦めることでしょう。

センサーライトの防犯効果はその家の住人に侵入者がいることを気付かせるだけでなく近隣の住人にもライトが付いたことを気付かせることで効果が大きくなります。

センサーライト設置の注意点

センサーライトを設置する場所に注意が必要です。以下に例をあげてそれぞれ解説します。

  • エアコンの室外機の近くに設置しない
  • 車の通りが多いところに設置しない
  • 設置する高さに注意
  • 振動が多く発生する場所
  • 太陽の光が当たらない場所
  • 風で揺れるものが近くにある場所

センサーライトのセンサーには熱に反応するタイプと動くものに反応するタイプのものがあります。熱に反応するタイプの場合、エアコンの室外機など熱が発生するものの近くに設置しないようにしましょう。動くものに反応するタイプのセンサーライトの場合は車の通りが多い玄関先やカーテンや高さのある植木などが風邪で揺れるものの近くに設置してはいけません。

そして電源がソーラーパネルタイプの物は太陽の光で充電しますから常に日陰の場所などでは使用できません。センサーライトを設置する高さですが、あまり高い位置に設置するとセンサーが感知することができなくなります。

どれも効果がないばかりか正常に使用することができませんので注意してください。

効果的な設置方法

センサーライトの防犯に効果的な設置方法を紹介します。まずは設置場所です。泥棒が家に侵入する最も多い場所は窓です。それもトイレやお風呂の窓が泥棒の最も好む侵入場所になります。

ほとんどの場合、窓が割られていたりした時に泥棒に入られたと気付くのですが、トイレやお風呂の窓が割れていてもなかなか気付きません。泥棒逃げるための時間稼ぎになるわけです。ですのでトイレやお風呂の窓に向けてセンサーライトを設置すれば防犯効果が上がります。

近隣の家の人に見えるように設置するのも効果的です。泥棒にとってはその家に気付かれるだけでなく隣の家の住人にまで侵入を知られてしまうわけですからね。

まとめ

センサーライトの防犯効果の高い設置方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。センサーライトは防犯カメラなどに比べて比較的に安く設置できるというメリットがあります。

もちろんセンサーライトと防犯カメラをセットで設置した方が効果的なのですが、金銭的にもそこまではできないという方も多いかと思いますので、まずはセンサーライトのみの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのセンサーライト


LEDセンサーライト(LED-AC2020)